FC2ブログ

第8回奈良・個を育てる教師の会(ホテルサンルート奈良) 

■発表者  
 谷岡義高先生「学び合いから作る総合的な学習」(奈良女子大附属小
 井上薫先生「総合的な学習につながるコンピュータを利用した4つの音楽活動」
                    (藤井寺市立藤井寺南小)
 近藤 久史先生「進行性筋ジストロフィー児の自己形成に関する考察」(神戸女子大学
■コメンテーター 川合春路先生(大阪樟蔭女子大
■司会者 荒木美久子先生(奈良市立伏見小)        

 谷岡先生は、「朝の会」についての取り組みを発表されました。知的な学習としての「朝の会」、感性的な学習としての「さんぽ学習」およびそれに伴う「表現活動」を位置づけ、感知合流の教育に取り組まれています。学び合いから作る総合的な学習として、さんぽを中心にした場合、「みんなでそろって、さんぽへ行く」「一年は毎週2時間、しぜんさんぽ」「二年は月に一度(土曜日)、奈良さんぽ」「学習場は、教室から飛び出すといっぱいある」「劇や詩や俳句や物語やカルタや歌で表現」「環境の中で、ゆっくりと感じる学習をめざす」などの考え方に基づいています。「朝の会」の発表テーマを見ても、「水のゆくえ」「くだものの産地調べ」「角度の研究」「漢字クイズ」「九九の研究」「ごみについて」「磁石しらべ」など、即学習に結びついていくような内容が多いと感じました。

 井上先生は、「コンピュータを活用した音楽活動」について発表されました。子どもの内面にあるものをどう表現させ、それと同時に感性をどう育てていくかということを考えながら、実践に取り組んでおられるそうです。PCを活用しながら、作詞、作曲、またそれにダンスをつけるという活動を中心とした発表でした。実践例としては、「コンピュータで作って踊ろう」(5年)、「学校生活を音楽にし、オリジナル下敷きを作ろう」(5年)、「担任の先生に感謝する会をしよう」(6年)などについてお話をされました。子どもたちの曲について、専門家から見れば問題があるかも知れないが、経験や意欲が大切なのであって、自分たちが納得することの方が大切であると言われていました。子どもたちの作品はここで聞けます。

 近藤先生は、筋ジストロフィー児(6年生)の子どもを追って、「死の教育」(デス・スタディ)の実践を発表されました。子どもの作文(お話づくり)に解釈を加え、その子どもを理解していこうとする、いわばカルテの原点をみた思いがしました。多くの先生方に「子ども理解」という点で非常に参考になる実践発表でした。

 【川合先生のコメントより】
 どの発表も大変に内容があり、よかったなあと思わされるものばかりであった。
 谷岡先生については、通常の授業はどうされているのか。さんぽに行くということは、すごくいいことで、子どもたちが自然にいろいろなものを見つけてくる。子どもたちの生活の中での経験の質というものが単調なものになってきており、デリケートな気づきというものが失われつつある中で、先生や友達とさんぽする意義は大きい。そして、その経験を発表する、言語化する、表現するという経験をもつことができることは大きい。感性を育てるのは「さんぽ」でという、そういう枠組みそのものに疑問を感じる。知的なものと感性的なものと統一的に分けて育てていこうとする時、何か教師の子どもに関わる姿勢の中で、大事なものが抜け落ちてしまうことはないだろうか。感性が感覚であり無意識なものであるとしたら、知的なものが落ちてしまうことになる。本当にいい感性、感受性というものは、知的な性格も持っているのではないか。新しい学習法として、子どもの持ち込みによって確立できそうだということであるが、教師としての知的なものと感性的なものに対する考え方が果たしてどういう意味をもつのか。「朝の会」のテーマにしても、多くのことが出されており、中には「モルディブ」のことや「防災センター」や「ダイオキシン」のことなどが出てくるが、生々しい人間の問題については、どういうふうにカバーされているのか。社会科(教科学習)の中で抑えるということなのか。「しごと・けいこ・なかよし」という奈良女子大附属小学校のこれまでの基本的な教育の構え方というものと、うまく一致するかどうかはあまりこだわらなくてもいいと思うが、「しごと」というものをどういう角度で捉えていこうということと、どういうふうに繋がっているかということを示していただけるとありがたい。
 井上先生の実践では、子どもたちが自分の気持ちを表現することができるということを存分にやらせてもらえる、それを可能にするコンピュータというものがある。学校教育の中での音楽は校門から外へは出ないといわれているが、井上実践はそれを打ち破っていくもので、子どもの気持ちを音楽によって表現しようというものであり、一緒に楽しむ、リズムにのって身体を動かすというところまで発展させていくものである。まさに「音を楽しむ」という感じである。子どもの内なるものを表現させることはいいのだけれども、それを旋律だとか調子だとか、そういったもので表現させていく詩の世界があるので、こういう気持ちをこういう音程でとか、こういうテンポでという、そういう探究はあまり見られなかったように思う。自分の気持ちを音楽表現していくという時には、こういう気持ちっていうものをそうとう子どもたちは自覚化して、意識化して、そしてそれをこの音でなきゃだめだとか、そういう検討を丁寧にしていくことが大切ではないか。どうしっとりとなのか、なぜしっとりとなのかということをつっこんでいくことが豊かになることであり、感性を育てていくことに繋がるのではないか。感謝の気持ちを表現することをはっきりと突き詰めて、内容をくっきりと言語によってつかむことによって、それにふさわしい旋律であり音色であり、感受性も育っていくのではないか。
 近藤先生の発表を伺っていて、コメントなんて申し上げようもないが、死が間近にあり、死を意識化し、そこから自分の生を見ていくことに厳しいものがあり、人間の純粋な姿が顔を出しているなあと感じさせられた。これだけ生きるということに対して純粋になれる、だから苦しみも大きい、苦しみが大きいから純粋にもなれる。そういうところに光を当てて研究をされている。いろいろな人に広めてもらいたい。人間というものは、もともとはこういうふうに自分をぎりぎりに突き詰めながら、苦しみながら自分の人生を切り開こうとして生きているものではないかということを教えられたような気がする。子どもだけの問題ではなくて、人間の問題がここで出ている。

スポンサーサイト



学習研究集会(奈良女子大学文学部附属小学校) 

 久しぶりに「学習研究集会」に参加してきました。この学校は、どの学級、どの先生方もゆったりとした教育課程の中で、じっくりと子どもたちの成長を見守っていくという姿勢をとられていることが特徴だろうと思っています。参観者も多く、多くの先生方が「総合的学習」を根本的に捉え直すよい機会であったと思っています。

 いつもなら、前日に奈良へ入るのですが、今回は当日出発という強行(?)スケジュールで参加しました。起床午前4時45分、出発午前5時30分、附属小に着く頃には眠気も覚めていましたが、到着したのは8時50分で滑り込みセーフといった感じでした。参観者も年々増えているようで、とにかく早め早めに教室(特別教室もある)へ行かないと参観者が多くて、授業どころか子どもの姿さえ見ることができないといった状態でした。
 公開学習3時間、テーマ別分科会といった日程で行われました。第1限は、全体の教室(5学級)を見て回りました。何か懐かしいなあという思いがしました。
 第2限は、椙田萬理子先生のしごと学習(1年:「お店やさんごっこをしよう」、第3限は、谷岡義高先生のしごと学習(2年:「奈良さんぽから広がる表現」を参観しました。分科会は、D分科会(「学び合い」から創る総合的な学習)に参加しました。

 奈良女子大学文学部附属小学校の教育目標は、「①開拓、創造の精神を育てる」 「②真実追求の態度を強める」 「③友愛、協同の実践力を強める」の3つで、「しごと」「けいこ」「なかよし」という教育構造(奈良プラン)で、教育活動に取り組んでいます。
 とにかく、子どもたちが自分たちで学習を進めていきます。司会の子を中心として、素直に自分を表現できる子が多いことに驚かされます。「おたずね」を中心として、低学年の頃から物事を追究する力を育てつつ、自分を創っていきたいという子どもの思いを大切にされているようです。その核となる活動の一つがやはり「朝の会」だろうと思います。しかし、この「朝の会」は実際に参観しないと、その本質は分かりにくいのではないかと思います。「朝の会」のお話のテーマや内容が学習へと結びついていくことに大きな特徴があるのだと思っています。

 分科会の研究テーマは「学び合いから創る総合的な学習」で、研究メンバーは堀本三和子先生、後藤充郎先生、谷岡義高先生、コメンテーターは、姫路工業大学の守屋淳先生でした。それぞれの先生方のお話とそれに対するおたずねがあり、分科会の後半の内容は「総合的な学習」についてでした。
★学習は長いスパンで見ていくことが大切であり、日々の積み重ねが子どもを育てていくのである。「子どもが学ぶ主体」であると考えるならば、子どもを評価すること自体が変な話である。教師が評価されるべきである。子どものいいところを見つけて驚く、喜ぶことなどが評価につながってくるのではないか。
◎「総合」で何をするかは、現場の立場で考えていかなければいけない。
◎現在「発表会」で終わっているような「総合」が多く、生活科においても「活動」だけで終わっているものが多い。学び合いのできる学習でなければならない。
◎「学び方を学ばせる」ことが大切であり、それがなければ学習に発展性がみられない。
★「総合」では、何をやらなければいけないということは置いといていいのではないか。自ら学び自ら考える力を育てるのであるから、子どもが楽しいと感じる時間にしていく必要がある。子どもたちと話し合いながら、教師がやってみたいことをやるのでよいのではないか。年間計画は後からできるということが自然であり、先に計画が立つはずがない。そうでなければ、子どもたちが自分で学ぶという楽しさを味わうことができない。
★「学び合い」は、同等の立場にいる者同士において成立する。普段の生活の中から、お互いのよさを見つけ出すことが大切である。
◎学習には基本的なリズムが必要である。①「子どもの第一声で学習が始まる」ということが基本である。 ②「今日の学習のねらいが子どもから出される」ようにするべきである。 ③学習活動自体は、子どもと教師の共同作戦、対決場なので、ぶつかり合い、助け合いながら、学びを作っていく ④学習の最後は、「子ども達の反省や感想で終える」ようにする。 ⑤反省の最後は、「先生のお話」をする。
 
 発表資料のp62に次のように書かれています。
「学び合いとは、子どもと教師が、文化に向けて共に追究していき、共に学びの感動を得ることだと思います。教師が教える側になってしまうと、学び合いの場にはならないのです。子どもは受け身になってしまいます。指導者でありながら、共に学び合う体験、もしかしたら、子どもに教師の学ぶ姿を見せること、ここに学び合いの学習の大切な秘策が隠れているのかもしれません。学び方を学ばせる、これは自分自身をさらけ出すこと、自分の限界を見せていくことになるのですが、そこに教師の存在価値を示すことができるような学習集団でありたいと思います」
 教師の学び続けることの大切さを痛感した文章です。

 【参考図書】
奈良の学習法―「総合的な学習」の提案
子どもの自立をたすける学習法〈第4学年〉

関西・社会科の初志をつらぬく会運営委員会(大阪樟蔭女子大学) 

 ①関西・初志の会・冬季研究集会の報告と反省及び今後に向けての課題の検討 ②役員(会長・委員長)の推薦について ③関西・初志の会の現状における諸課題をめぐって ④関西・初志の会・初夏研究集会(京都)の予定について ⑤「生きぬく子ども」の編集と販売について及び担当者について ⑥会計報告 ⑦各ブロックの現状および発展の可能性に関する報告 ⑧その他。この日の最大の焦点は、関西研究集会の運営についてでした。会員数の減少、その他の理由から、これまでの年2回の研究集会を運営していくことが難しいのではないかという意見が出されました。年1回にして、ブロックごとに運営担当を回してはどうかという案が出されました。決定は9月の運営委員会です。