FC2ブログ

地域作業  

 午前中は先週に引き続いて、地域の土砂撤去作業をしました。
 農業用水として利用しているため池からの排水が土砂崩れにより、一部が完全に埋没していました。崩れた場所を見上げると、大きな木々や竹などがごっそりなくなり、道だけが残っているといった状況です。
 先週の岸が崩れたのと違って、土砂の中に岩もまじっています。大変な作業だと思っていたのですが、人の力はすごいものです。15人ほどでスコップ、くわ、電動のこぎりなどを使って、3時間ほどで仮終了しました。しかし、午後から雨が・・・。
 また、しばらく腰痛に悩まされます。

 新札(新1万円札、5000円札、1000円札)の流通が明日(11月1日)から始まります。新札には、新たに、樋口一葉・野口英世らの人物が登場します。実際に新札を手にするのはいつ頃になるでしょうか。

スポンサーサイト



ハロウィン  



 学年全体で「ハロウィン」についての学習をしました。
 もちろん、シモンズ先生が講師です。
 最初に2人のお子たちのメイク。この時点で盛り上がりは最高潮に。
 その後、シモンズ先生に「ハロウィン」についていろいろ教えていただきました。宿題にしてあった「ハロウィン」に関しての質問にも、みんなよく調べてきていてほめていただきました。写真にあるのは、シモンズ先生が持ってきた変装グッズです。

【MEMO】
・川合春路先生(大阪樟蔭女子大学)より「生きぬく子ども」への原稿依頼。テーマは「私の実践・私の工夫」。

「町のやさしさ」をさぐる  

 今日は、今年3回目の学習参観日でした。
 2週間ほど前、あるお子が図工の時間に通用口のところで写生をしながら、
「点字ブロックって何のためにあるん?」
といったつぶやきから、この学習を始めてみようと考えました。
 ちょうど、4年生では国語の教科書に「手と心で読む」という教材があります。
 この教材では、「点字」と「手話」に関する内容を取り扱っています。
 その教材も読み聞かせてから、一昨日から「町のやさしいところ」を探しておくように話していました。

 さて、学習の方はどうであったのか?
 毎年、運動会後の10月下旬ぐらいから、自分たちで学習を進めていく方法を教えています。
 その基礎的な部分は、「朝の会」で培っているところが多いのですが、基本的には他教科においても同じだと言えます。
 今回は、できるだけ自分たちで進めていくようにしましたが、子どもたちにとって、「やさしさ」をどう捉えるか、考えていったらよいかといった部分が曖昧だったのかも知れません。自分が考えていたことをどのように出していけばいいのか、またはつなげていけばいいのかといったことが難しかったようです。
 それまでに、エレベーターの点字を解読していた子、点字ブロックの模様(形状)に注目していた子などもいたのですが、なかなかそれを出す機会がなかったようです。
 また、自分が手に入れた情報、資料等から、自分なりの「表現」へ結びつけていく方法も身につけさせていかなければなりません。
 今後、一人一人またはグループでさらにテーマを絞り込んで学習を進めていく予定です。できればパソコンでまとめさせたいと考えています。

また雨です  

 午後からの「理科実技講習会」は雨のため、取り止めになりました。
 中止になるか延期になるかはまだ分かりません。

 今日は一日雨が降り続きました。
 強い雨ではないのですが、台風23号の被害状況が悪化しなければいいのですが。
 そのときに、隣保で使用している排水用水路が、岸が崩れて埋没してしまいました。
 先週の日曜日は、一時的にその土砂を取除く作業をしたのですが、今日の雨でもしかしたらまた崩れてしまっているかも知れません。それが心配です。
 来週の日曜日は、別の場所の土砂撤去作業が予定されています。

 明日は参観日です。「三原町のやさしさをさぐる」という学習をスタートさせます。

大久保おどり練習開始  

 今日から「大久保おどり」の練習が始まりました。
 今日も入れて3回の練習予定です。
 5・6年生のおどりは、新校舎完成式の時にも少し見たのですが、「机」や「鎌」「刀」などを使って踊ります。
 4年生は、運動会の時に踊ったものをそのままするそうです。
 4年生は2~3回踊ってすぐに保存会の方から合格がでました。
 しかし、細かな部分をこれからそろえていく必要があります。
 11月3日、町芸能祭で披露します。

第51回近畿小学校社会科教育研究協議会(神戸市立魚崎小学校) 

講師:安野功先生(文部科学省教科調査官)
演題:「今、これから、社会科教育で問われているもの」

 この大会は、平成16年度兵庫県小学校社会科教育研究発表会も兼ねています。大会主題は「社会力を培う~自ら問い続け、豊かにかかわり続ける社会科学習~」でした。公開学習2コマ、全体会、学年別研究協議会(実践提案)、記念講演という内容でした。
 全学級学習公開、全体会、学年別協議会、記念講演という日程で進められました。
 公開学習は2コマに分かれていて、両方とも4年生の学習を参観しました。4年生5学級とも「灘の酒づくりの発展につくした人々」という単元を取り扱っていて、一コマ目の2組の学習は「学習問題づくり」、2コマ目の3組の学習では「酒づくりがさかんになった要因」について進められていました。
 両組とも、子どもたちの調べがかなりされており、「酒づくり」を自分たちに引き寄せて考えていることが感じられました。
自分たちの問題として、どう捉えさせていくかということが最も大切なことであり、最も難しい部分です。そういったことから「学習問題づくり」がその単元の流れを左右することは間違いないのです。
 これから、学習問題をどう考えさせていくかということに取り組んでいこうと思っています。
 記念講演は、文部科学省教科調査官の安野巧先生が「今、これから、社会科教育で問われているもの」という演題でお話をされました。
 来年度の近畿大会は、全国大会も兼ねて奈良で行われます。

 台風の被害は予想以上に大きく、帰りの高速バスも明石海峡大橋を渡った直後は、しばらく国道を通りましたが、かなりの渋滞で2時間30分近くかかりました。
 また、明日開催予定だった「全淡陸上大会」は、台風の被害等のため中止となりました。

小学校社会科 活動と学びを板書でつなぐ全単元・全時間の授業のすべて

朝の会から 

 今日の朝の会の話題は、昨日の台風についてのことがいくつか出てきました。
 家の人が道に溢れた水で仕事から帰れなくなったこと、家のまわりに水がたまったこと、雨漏りをして黄色っぽい水が入ってきたこと、消防団の活動のことなど・・・。

 昨日の学級日誌にも、台風のことについて書かれていました。
 【今日、台風二十三号がきました。おばあちゃんの家にいると水が道から畑に滝のように流れこんできて植てある物がグチャグチャになってしまいました。家の庭も一センチぐらい水につかって自転車の入れてある所もつかってしまいました。門の前に川ができていました。トイレが外なのでぬれながらいきました。台風は、怖い物なんだとこの二十三号で感じました。お母さんが洲本の市役所に行っていて帰る道がないと電話でいっていました。
 【今日、台風23号がきました。雨がいっぱい降って家の前の川があふれて国道まで水がいっぱいになっていました。もう少しで、家の方まで水がきそうでした。テレビでよく見るのと同じでした。家の裏の田んぼも、水が流れていました。また、24号も来るのでいやです。
 子どもたちも、それぞれにいろいろ考えているようです。
 島内をはじめ、全国的にもかなりの被害が出ているようです。
 被害を受けた方にはお見舞いを申し上げます。

続きを読む

台風のため臨時休業です  

 昨日は台風23号のため、臨時休業になりました。
 朝、学校へ行くときはそうたいしたことはなかったのですが、10時過ぎあたりから雨、風がひどくなってきました。
 午前中に「職員会議」、その後「中学年部会」での職員研修を行いました。
 主として、授業案についての話し合いをしました。
 当日までに、どういう資料を用意するのか。授業案に何を書くべきか。などなど・・・。

 夕方から停電になり、とうとう昨日中には復旧しませんでした。
 ここのところ、台風のたびに停電になり、暗闇の中での生活を過ごしています。
 電気が使えない生活はとても不便です。
 全国的にも今回の台風は今年最悪の被害をもたらしているようです。

台風23号  

 またまたまた、台風がやってきます。
 台風23号です。おまけにその進路をおいかけるように24号も発生しています。
 風速15メートル以上の強風域が半径800キロ以上に広がる「超大型」の台風の接近は、昨年11月に発生した台風21号以来だそうです。
 明日の朝は大丈夫でしょうか。

 昨日の「交通安全教室」の記事が神戸新聞(地域版)でとりあげられていました。

交通安全教室  



 2校時の途中から4校時まで「交通安全教室」を実施しました。例年のそれとは、内容が少し違っていて、「学科講習」⇒「学科試験」⇒「実技講習」⇒「免許証交付」といった本格的なものでした。その場で顔写真も撮影し、免許証には「自転車運転免許証」という文字が書かれており、もらった子どもたちは大喜びでした。
 実技講習の中で難しかったのは、「停止する前の後方確認」と「停止したときに左足をつく」ということでした。この2つはほとんどの子どもができていませんでした。警察署の方に繰り返し指導を受けていました。停止するときに、両足をついてしまう子がほとんどでした。この取り組みは、県内でも4校目、島内では初の取り組みだそうです。

 放課後、社会科担当者理事会に出席。22日に行われる「近畿社会科教育研究大会」で実践提案される先生のレポート作りの手伝いに参加。その後、当日の実践提案内容について検討。
 3年生の地域素材を取り扱った実践で、主として調べ方・まとめ方を身につけさせようとしたものでした。実際に子どもたちが聞いたことや見たことや感じたことから、いかにして自分の考えを深めたり、さらには社会科としてのねらいに近づけていくかといったことが中心になりました。学習のスタートが教師主導ではなく、子どもから出てきた(生まれてきた)課題であるだけに、もっと発展させることができればと感じました。
 何れにせよ、教師の求めることと子どもの思考を絡み合わせながら学習を進めていくことはなかなか大変なことで、いつまでたっても永遠のテーマです。

全日本草刈選手権?  



 午後から、新しく購入した「草刈機」の試運転がてらに、田んぼまわりの岸の草刈をしました。
 エンジンは、 「Kawasaki TH23」で2サイクルエンジンです。
 以前使っていたものより、パワーもあり、またチップソーも一回り大きいので時間短縮できます。しかし、重量が少し重くなったので、やや疲れます。今日は2時間ほどで終了しました。

 かつて、「全日本草刈選手権」という大会が東京の荒川の土手で行われていたそうです。昭和13年8月から行われ、選手権自体は戦争によって中止されてしまったそうです。大会自体の目的は何だったのかはよく分かりません。でも、おもしろそうです。

ラーメン大会  

 インスタントラーメンを使ったレシピコンクールに応募しました。
 応募を始めてから、今回で5年目になります。
 9月の終わりごろに、募集要項が届いてから、子どもたちには呼びかけていました。
 それで、今日実施することになりました。
 子どもたちは、思い思いに自分の考えてきた方法、材料でラーメンを作っていったのですが、それぞれの家庭の台所でのお手伝いの状況がよく分かり、楽しく見せてもらいました。

続きを読む

部分日食  



 今日の11:30過ぎに部分日食を観察することができました。
 理科室から遮光板を持ってきて、順番に子どもたちに見せると、どの子も「欠けとる!」と言いながら、驚いた様子で観察していました。
 デジカメではうまく写っていませんでしたが、遮光板を通して見ると、はっきりと左上部分が欠けているのが分かりました。
 日本では約2年ぶりに部分日食が観測できたそうです。
 日食とは,太陽-地球-月が一直線に並び,見かけ上,太陽と月が重なるために起こる現象です。

支部教育研究集会  

 16:00から支部教育研究集会に参加。
 今年は、社会科教育分科会の司会があたっており、少し早目に学校を出ました。
 会場になる教室の準備をするためです。
 郡の2校の先生方の実践発表がありました。
 両校とも、各学年の地域教材を中心とした取り組みを報告されました。
 「子どもたちが主体的に活動し、思考を深める授業の創造」ということを中心として、話し合いが進められました。
 司会の進行がまずくて、十分に話し合いが深まらないまま、しかも共同研究者のお話も十分に確保できずに閉会してしまいました。司会はやはり難しいものです。
 共同研究者の先生のお話の中で、地域学習においては「4現主義」が大切であると話されていました。4現主義とは、「現地・現物・現象・表現」だそうです。なるほどと思いました。

中学年部会  

 陸上練習 15:00~16:00
 職員研修 16:00~18:00

 職員研修は最初全体で行い、その後、中学年部会をもちました。
 来月の授業研究会のことを中心に話し合いました。
 授業(学習)における考え方として、若手研のページの資料を使用させていただきました。
 そして、その中の石川英志先生(岐阜大学)の講演会記録を読み合いました。 
 「今、授業でどんなことを大切にしたらよいか-子どもの可能性の把握をめぐる教師の共同的な学び-」というものです。
 その要約文の中で、『授業で学ぶといういことは「気づく力を他者とのかかわりのなかで磨き合う」こと』という言葉に非常に共感をもちました。
 やはり、いかにして子どもを看取っていくかということが中核になってくるのだと再認識させられました。

 全文は以下のページで。
 http://www.geocities.jp/hnk333/16-9isikwa.html

授業研究会  

 中学年の校内授業研究会が、ほぼ11月10日(水)に決定しました。
 講師として、香川大学の田上哲(たのうえ・さとる)先生をお招きします。
 田上先生は、現在「附属教育実践総合センター」に勤務されています。
 田上先生との出会いは、2000年8月に初志の会全国研究集会(三重・鳥羽市)で授業提案した時、分科会の司会をしていただいたことにさかのぼります。
 その後、前任校では2度お越しいただきました。
 そのうち、2002年3月に「米同時多発テロ事件」を中心とした社会科の学習を参観いただき、指導していただきました。来校していただくのは、それ以来ということになります。

 今から楽しみです。

またまた3連休です 

 昨日、今日とちょこっと学校へ出かけて野菜の種を植えました。
 子どもたちは、先週班ごとにプランターで育てられる野菜を相談して種まきをしました。
 今日のぞいてみると、小さな芽がたくさん出てきていました。
 比較実験のために、今日新たに「大根」と「にんじん」の種まきをしました。
 芽が出てきたら、ミミズ液肥入りとそうでない水をやって、その育ち具合を比べていこうと思っています。

 その合間に、「大縄跳び」に出かけてきました。
 町スポーツの祭典の中のプログラムの一つです。
 練習は先週の金曜日の昼休みに10分程度しかできませんでした。
 2回跳んで、合計29回でした。(10人で跳びます) 残念!

 今回の台風22号の影響がほとんどなくほっとしていますが、関東地方の被害をニュースなどで見ると自然の猛威を感じます。

台風22号  

 本当に今年はよく台風がやってきます。
 何かしらが起こるのではないかという感じがします。
 近畿地方に最も接近するのは、明日の午前中のようです。
 今回も用心が必要です。

 放課後、10月14日に行われる支部教育研究集会の運営委員会に参加しました。
 当日の「社会科分科会」の運営に関する最終の打ち合わせです。
 実践提案される2校の先生方と記録係りの先生と、役割・課題・進行などの確認をしました。
 実践発表される2本のレポートを読むことが当日までの宿題です。

町陸上記録会  

 本校で陸上記録会が行われました。
 昨日、グランドコンディションが悪かったため、本日5時50分からの準備になりました。
 テント、ライン引き、用具、その他もろもろの準備が終了したのは7時30分ごろでした。
 参加は2町の7校の4年生以上の子どもたちです。
 どの子も自己記録更新を目指して懸命に取り組んでいました。
 今月23日には、ひょうごっ子陸上大会が行われます。

明日は・・・ 

 町陸上記録会が本校で行われます。
 短い期間でしたが、運動会終了後から練習を積み重ねてきました。
 明日は、ぜひ自己記録を更新してほしいと思っています。

 あいにくの天候で、大会の準備が十分出来ませんでした。
 明日は、早朝5時50分集合で準備をします。
 今日は早目の就寝です。

秋祭り 



 今日は地域の秋祭りでした。
 例年4月上旬に春祭り、10月上旬に秋祭りが行われています。
 春祭りの方がメインで、秋祭りは地区ごとに一つの地区が中心になって担当しています。
 秋祭りには初めて参加し、神輿をかつがせていただきました。
 手前に見えるのは獅子です。
 普段、なかなかお会いできない地域の方々と接する貴重な機会になりました。

10月です 

 10月に入り、いよいよ折り返しを迎えました。
 学習、運動に充実した時期になってきました。
 運動会が終わったあと、4年生以上の子どもたちは陸上練習に取り組んできました。
 いよいよ、来週の水曜日は町大会です。
 自己記録更新を目指して頑張ってほしいものです。

 明日は、地域の秋祭りです。
 自分もみこしをかつぎます。