FC2ブログ

学習発表会予行  



 9:00から学習発表会の予行が行われました。
 本番さながらに、スポットライト、マイク、音響設備なども設置してプログラム順に進行していきました。
 どの学年もよく考えられていて、見ていて面白かったです。
 4年生は残念ながら、プレゼンがまだ完成していなかったので、原稿発表のみになりました。
 本当に本番までのお楽しみということになってしまいました。

スポンサーサイト



町のやさしさをさぐる  



 明日に予行を控えているのですが、学習発表会で行うプレゼン作成がまだ完成していません。
 明日は、発表原稿のみで実際のスライドは、本番までのお楽しみということになります。

【MEMO】
・「教育実践-個と創造-」(富山市立堀川小学校教育実践研究会)№100が届く。

いよいよ今週末に・・・  

 学習発表会を迎えます。
 今日は、保存会の方々による大久保おどりの3回目の指導が行われました。
 今回は、最初から舞台で踊りました。前回に比べると、随分と要領がつかめてきたみたいです。
 しかし、まだ舞台の袖から登場するタイミングが難しいみたいです。
 本番に向けて、細かな調整をしていかなくてはなりません。

午後から・・・  

 学校へ行きました。
 いろいろと慌しい一週間でした。
 4年生に配属されている実習生の方も前半を終了しました。
 まだまだ、やらなければならないことが山積みです。

地区消防団引き継ぎ  

 16:30~消防車、ポンプ、発電機の試運転。
 17:00~新旧役員の引き継ぎ会。
 一年間の書類関係の引き継ぎ、法被・制帽・バッジなどの引き渡しなどを行いました。
 帰宅は、23:00頃でした。

大久保おどりの練習(2回目)  

 今年の学習発表会で、4年生は「町のやさしさをさぐる」と「大久保おどり」を披露します。
 「町のやさしさをさぐる」では、昨年、学習参観日で取り組んだパワーポイントによる発表を考えています。
 パワーポイントのスライドも7割程度の仕上がりで、発表原稿も少しずつ作成しているといった状況です。
 放課後には、大久保おどりの2回目の練習が行われました。
 保存会の方々4名によるご指導で、後半には舞台での初練習も行いましたが、舞台となるとどうも感覚がつかめないためか、思ったよりもうまく踊れませんでした。
 あと1回保存会の方々によるご指導の機会があります。

地区消防団正副分団長会  

 午後から、車をとりに学校へ。
 そのついでに少し仕事をしました。
 昨日は、校内学習研究会・研究協議会、その後、慰労会とあまり仕事をする時間がなかったもので、残りの仕事を少し片付けました。

 19:00から、今年度最終の地区消防団正副分団長会に出席。
 いつもは市役所分庁舎で行うのですが、その後慰労会もあるため、ここで行いました。
 これで、実質、分団長としての役目も終わりです。帰宅は、22:00頃でした。

校内学習研究会(南あわじ市立八木小学校) 

 香川大学の田上哲先生を講師として招聘し、第2回校内学習研究会が行われました。
 4校時に1年国語「きつねのおきゃくさま」、5校時に5年社会科「SANYOのひみつをさぐれ!」の学習が公開されました。お二人の先生方ともに「座席表授業案」を作成され、学習に臨みました。座席表授業案もずいぶんと定着してきたようです。
 15:00からは、二つの学習を中心とした研究協議会がもたれました。
 本時の学習のお子たちの様子をもとに、お二人の先生方の出された資料(授業案、発言、作文など)と照らし合わせながらの検討会になりました。
 田上先生から、次の3点について指導助言をいただきました。
 ①考える子どもを育てるには、考える手がかりをどのように与えるかが大切である。子どもの発言、作文などの情報から子どもを詳細に捉えていき、学習の手がかりに結び付けていくことが重要である。
 ②座席表授業案の改善として、子どもと子どもをどうつなぎ、どう組織していくかが必要である。
 ③自分で主体的に学ぶには、学習環境への理解が大切である。「子ども同士の理解」「学びやすい環境作り」「子どもの発言の背景、価値」などをさぐっていく必要がある。
 3学期には、自分もまた学習を見ていただこうと思っています。

 本日、100kmマラソン完走者1名出ました。

 19:00より本日の慰労会。帰宅はいつもより早めの22:30頃でした。

教育実習が始まりました  

 今日から、教育実習生が来られました。
 期間は2週間で、今日から12月3日(土)までです。
 お子たちも何故かうれしそうです。



 今日、朝児童集会があって、実習の先生がきました。実習の先生は、大学2年生でした。新しく入ってきたけど、すぐみんなとなかよくなっていました。2週間、短いけど、仲良くしていきたいと、思っています。【ユーちゃん】(学級日誌より)


 先月、応募していた「インスタントラーメンレシピコンクール」の一次審査の結果、関西地区大会に、この作品が進出することになりました。地区大会は12月4日(日)大阪で開催されます。

めずらしく・・・  

 朝から学校へ行きました。
 安東小学校研究会に参加したことをまとめておきたいのと、先週末の残務処理のためです。
 参加資料も印刷して職員に配布しました。
 本校でも、学校全体でこういう取り組みができたらいいなあと思っています。
 22日は、第2回校内学習研究会です。1年生と専科のお二人の先生が学習を公開してくださります。
 講師には、香川大学の田上哲先生をお招きします。また、いろいろ教えていただけるので楽しみです。

休養日です  

 遅めの起床。
 午後から、トラクターで耕耘作業。
 一日、ゆったりと過ごしました。

第39回研究会(静岡市立安東小学校) 



 17日、午後から静岡に出発しました。
 15:55「新神戸」発のぞみ、途中「名古屋」でひかりに乗り換え、18:04「静岡」着。静岡駅南口の和民で夕食。宿泊は、北口のホテルエックシズオカ、翌日に備えて早目の就寝。
 これまで、安東小研究会は1994年、1999年、2002年と参加し、今回が4回目になります。
 今年のテーマも「ひとりひとりを生かす授業研究 -位置づけた子を手がかりに-」です。
 このテーマは、実に40年来変わることなく一貫して『教師である限り、人間を育てる教育をしたい。ひとりひとりの子どもの人間としての連続性を追究し、どの子にも生きることへの自信と意欲を培いたい』という考えが底流に流れています。そして、子ども理解と個に応じた授業構想の方法として、①カルテ ②座席表 ③全体のけしき ④座席表授業案 ⑤子どもを位置づける という取り組みを継続して行っています。
 そして、第1回研究会から指導に携わってこられたのが、上田薫先生(元都留文科大学学長)です。また、社会科の初志をつらぬく会名誉会長としてもご活躍されています。
 8:40~9:20研究報告、9:30~11:20公開学習Ⅰ・Ⅱ、昼食をはさんで、12:50~14:40学年別協議会、14:50~15:50講演、16:00~閉会という時程で行われました。
 公開学習は2時間とも4年社会科を参観し、学年別協議会も4学年に参加しました。公開授業Ⅰでは、『今の人は機械にたよりすぎて悪くなったのか』、公開授業Ⅱでは、『伝統工芸を国や県で保護する必要はあるのか』という学習問題でお子たちが話し合いを進めました。
 何度、参観しても思うのですが、安東小のお子たちはよく話します。とにかく自分の考えや思いを実に素直に表現します。話し合いの中で、「○○君の言いたいことは~」と他のお子が付け足してあげたり、「それを聞いて自分の意見はどうなの?」とお互いの考えを引き出したり、教師さながらです。また、「~という意見があったら聞かせてください」「ちょっと話が進みすぎたから戻る?」など、子どもどうしの関わりも強く、実に自分たちの学習は自分たちで進めていくのだといういう意識が随所に見られました。
 その後の学年別協議会では、今年のめざす子ども像「友だちのいろいろな意見をよくきき、自分の考えをふくらめる子」についてのお話から始まりました。「ふくらむ」とは、友だちの考えをきき、『迷いが生じる』『自分の考えに確信をもつ』『異なった見方や考え方ができる』『新しい考えができる』『根拠がより明確になる』などと捉えています。そこには友だちのお話から、その友だちの思いや考えはどこにあるのかを理解し、お互いの関わりをより深めたいという願いがあります。
参観された先生方の多くは、子どもたちの表現力、子どもたちによる話し合いの進め方に感心されていましたが、後半部分では「教師の出」に話題が及びました。子どもたちが主体的に活動すればするようになるほど、重要な部分になってくると同時に永遠のテーマだろうなあと思っています。
 最後に、上田薫先生が『なぜこのような子どもと教師が生まれたか -私の故里 安東-』という演題で講演をされました。
心地よい気持ちで静岡を後にしました。18:14「静岡」発ひかり、「名古屋」でのぞみに乗り換え、20:24「新神戸」着。自宅に着いたのは、23:00前でした。

個が深まる学び―安東小学校の挑戦

「朝の会」の話題  

 4月以来、朝の会の中で各班ごとに順番にお話をしてもらっていましたが、少し前から自由にお話をしてもらっています。そのため、毎日のようにお話をする子もでてきています。また、少しずつですが、自分からお話をしていこうというお子が増えてきています。
 時事的な内容に関する話題が出てきたり、学習中に問題になっていることについて調べてきたりするお子もいて、ずいぶんと変化が見られるようになってきています。

 午後から、明日の出張のため、静岡へ向かいます。
 明日は、第39回静岡市立安東小学校研究会に参加します。
 一日留守にするのですが、お子たちで協力してかしこく過ごしてほしいと思っています。

ロゴ&マスコットキャラクター 



 母校のロゴマーク・マスコットキャラクターを全国公募していたらしく、決定しました。
 ●ロゴとマスコットキャラクター決定、封筒や名刺などに印刷(毎日)

 昼休みに避難訓練を実施しました。休み時間に行ったため、お子たちはいろいろな場所にいましたが、放送をよく聞き、火災発生場所より遠い通用口から避難することができました。

もろもろの仕事  

 午後から消防関係の書類作成、処理。
 その後、初志の会冬季研究集会の案内封筒の追加作成など。

地区消防団総会  

 朝遅くまで寝ていたのですが、なぜか昼間はまだ寝足りないのかぼーっとしていました。
 18:00より地区消防屯所へ。消防車、ポンプ、発電機の試運転。その後、総会打ち合わせ、準備。
 19:30より地区消防団総会。今年度最後の総会になります。
 ①事業・活動報告 ②会計報告 ③消防団予算 ④新役員改選などが話し合いの中心になりました。
 総会も滞りなく終了し、分団長としての任期もあと今月いっぱいです。
 24:30頃、帰宅。

第2回日本漢字能力検定  



 本日、第2回日本漢字能力検定試験本番を行いました。
16名のお子たちが受験、それ以外のお子たちも同じ問題に取り組みました。
 ほとんどのお子たちは、よくできたと話してしました。合否の通知は約40日後の予定です。
 第3回受験は、平成18年2月10日(金)を予定しています。
 午後から、市人権教育授業研究会に参加しました。これまで、町単位で実施していたのですが、市内の3・4年生関係の先生方が集まっての授業研究会になりました。
 教師の読み聞かせによって資料の内容をつかませていましたが、どのお子もよく聞き、的確に内容を把握していました。立ち止まって考えさせる場面でも、しっかり考えられていて、教師の予想を上回るような発言も見られ、興味深く拝見させていただきました。

11月10日(木) 



 朝のマラソンで100km完走者1名。
 図工の時間に、紫いもをスケッチしました。
 その間に、収穫した紫いもを次々とふかしていきました。出来上がった紫いもの皮をむくと、見事なまでに紫色です。(当たり前ですが)
焼き芋とはまた違った味だったようです。

『3・4時間目紫芋の、絵を書きました。私てきには上手にかけたと思います。すごく大きな芋のところや、小さい所がありました。H君はすごく上手にかけていました。その後いもを食べました。6班と、3班は4本たべました。少ない所は、2本しか食べていました。超超超おいしかったです。【はっちゃん】』(学級日誌より)
 明日は、いよいよ日本漢字能力検定の本番です。

関西・社会科の初志をつらぬく会研究集会打ち合わせ(5回目) 

 18:00より関西・初志の会研究集会打ち合わせを行いました。
 印刷500部、封筒詰め、明日発送という運びになりました。
 これでしばらくは返送待ちということになります。後は、12月に入ってからの仕事になります。

またまた出ました  



 朝の100kmマラソンで完走者1名。
 これで、5人目になりました。
 朝夕少し肌寒くなってきましたが、半そで、半ズボンで頑張っているお子たちが多く、頼もしい限りです。
 2学期中に、50kmまで距離を伸ばしておけば、完走できるのではないかと思っています。

暦の上では・・・  

 冬を迎えましたが、まだまだ暖かく感じられます。
 いよいよ、日本漢字能力検定の本番が今週金曜日に迫ってきました。
 今日も含めてあと4日間、最後の総復習を行います。
 本日、最終の模擬テストを行いましたが、ほとんどのお子が自分の最高点を出していたようです。
 気を緩めずに、細かな自分の弱点を克服していってほしいと思っています。

 ここ数日、Doblogの調子が今ひとつでなかなか記事のアップができません。エラー続きで困っています。
 まあ、無料ブログなので仕方がないのですが・・・。

関西・社会科の初志をつらぬく会研究集会打ち合わせ(4回目)  

 雨天のため、予定されていた市連PTAグランドゴルフ大会は中止になりました。
 午後から、関西・初志の会研究集会の打ち合わせを行いました。
 現時点で印刷できるもの、会場パンフレットなどの封筒入れが主な仕事になりました。
 あと提案授業者の単元、協力者など、いくつかの細かな点について連絡待ち。
 案内発送封筒は約300枚です。

午後から・・・  

 残務処理をするために学校へ。
 先日、収穫した紫いもも運び込みました。

花の植え替え  



 お子たちと一緒に、キンセンカの苗の植え替えをしました。
 プラスチックの鉢に植え替えたものから、一階渡り廊下と運動場側の出口に並べていきました。花を咲かせるまで、しっかり世話をしてほしいと思っています。
 来週金曜日に実施する、日本漢字能力検定の問題が届きました。今回の4年生の受験者は5級1名、7級1名、8級14名、合計16名です。全員が合格できるように来週は最後の追い込みです。
 2回目の校内学習研究会の日程が決定しました。(11月22日)
 今回も、香川大学の田上哲先生を講師としてお招きします。

【MEMO】
・「学習研究」(№417)が届く。主題は「確かな力を培う学習法-数理の学習を自律的に学ぶ力」です。

三原文化芸能祭  



 文化の日の今日、三原文化芸能祭が行われました。
 本校からは、これまで練習してきた「大久保おどり」で出演しました。4年生はひげやっこのみでしたが、初めての出演ということもあってか少し緊張気味でした。
 終了後、全員で記念撮影。
 お子たちの文化展の作品を一通り見てから帰校。
FI2014426_1E[1].jpg

 夕方、自宅の畑の紫いもを掘りました。
 学校の学級園と同じ時期に同じ本数を植えたのですが、学級園よりも多く獲れました。つるの広がっていたところには、ほとんど芋ができていたようです。
 結局、今日は2/3ぐらいしか掘ることができませんでした。
 収穫した芋は、学校で焼き芋に再挑戦しようと思っています。

第17回兵庫県小学校理科授業研究発表会(南あわじ市立神代小学校) 



 大会準備のため、10:00過ぎに学校を出発しました。
 本研究会のテーマは、『「?」を見つけて、追究できる子に~感じる 考える 実感する 神代っ子~』でした。1・2年生活科、3~6年理科で全学級学習を公開されました。
 感じる(ものとの対話)、考える(自己との対話)、実感する(他者と対話)の3つのステップを通して、科学的なものの見方や考え方を育てようという取り組みをしています。
 公開学習は、4年「もののかさと温度」を参観しました。教師による演示実験の後、試験管に張ったシャボン玉の膜が膨らむわけを考えさせるという内容でした。後の準備のため、途中で退席したのですが、どのお子もよく集中して学習に取り組んでいると思いました。話をしっかり聞いているのでどのお子も反応がよいのが印象に残りました。
 全体会(あいさつ・研究経過報告)の後、松本伸示先生(兵庫教育大学)が「すべての子どもに科学する力を」という演題で講演をされました。次の4点についてお話をされました。
(1)各種学力調査の語るもの(IEA、OECDなど)
(2)「知」を育むための3つの対話(もの、自己、他者との対話)
(3)本小学校の取り組み
(4)Q&A
 大会終了後、会場の後片付けをして18:00前に帰校。



   リサイクルを考える -「ミミズコンポスト」の取り組みから-

1.はじめに
 本学級では、4月より「朝の会」の中で、いろいろな話題を出し合い、それについて話し合うという活動を継続してきました。
 その中で、社会科のごみの学習から、リサイクルについての話が出てくるようになり、その中で子どもたちがコンポストについての話題を提供することがたびたびありました。そこで、理科と総合的な学習とを関連させた身近な環境学習として「ミミズコンポスト」を取り上げてみることにしました。

2.ミミズコンポストの取り組み
 2学期に入ってから、子どもたちに「ミミズ」を教室で飼うことを提案しました。最初は、「えーっ」という声が多かったのですが、実際にミミズと対面すると子どもたちは興味津々でした。
 袋詰めされたシマミミズ500g(約1250匹)をみんなで少しずつ手に取り、コンポストへの引っ越し作業を行いました。初めてミミズに触る子、しっかりと感触を確める子など様々でした。
 9月28日、初めて教室にミミズがきた日のことを子どもたちは次のように書いています。

 ■‥シマミミズを初めて見ました。触るとミミズのうんちは普通の土よりふわふわしていました。‥(MH君)
 ■‥ミミズに触ってみると一瞬で入りました。すごかったです。ぼくもミミズみたいに一瞬で土の中に入りたいです。‥(OH君)
 ■‥ミミズを見ていると、すぐにもぐっていったので光が嫌いなことがすごく分かりました。‥(TAさん)
 ■‥①ミミズが多いから、砂をもうちょっと入れた方がいいと思った。②梨やりんごの皮を、その前の日に食べたら、絶対持ってくるようにした方がいいと思った。‥(IRさん)
 ■‥それと、早くミミズのうんちが混ざった土で野菜を作りたいと思います。ミミズのおしっこを出すときは、それが液肥になるので、こんなミミズは野菜を食べる人たちや畑の人たちに役に立っていると思いました。(KMさん)
 ミミズのえさとして、週に1~2回、野菜くず・果物の皮などを中心に与えましたが、メロンの皮に関しては、本当に皮の網状のものしか残らなくて、どの子もびっくりしていました。
 ミミズを飼うことにより、次のような学習活動が考えられます。

 ①ミミズによる生ごみ処理の際に発生する「ミミズ液肥」や「フン フン堆肥」を回収し、野菜や草花を育てる。
 ②ミミズによる生ごみ処理と野菜栽培を同時に行うことにより、生ごみのリサイクルを経験する。
 ③ミミズの生態を調べる。
 一ヶ月ほどすると、待ち望んでいた「ミミズ液肥」が取れるようになりました。効果を確めるために、いくつかの野菜や花に与えてみましたが、与えていないものに比べると、その成長に明らかに相違が見られました。子どもたちがミミズ液肥の効果を実感した瞬間でした。
 3学期には、「ミミズはすごいぞ」というタイトルでプレゼンテーションを作成・発表しました。
 「ミミズの種類」「ミミズの飼い方」「ミミズの好きなもの・嫌いなもの」「ミミズのオスとメスの見分け方」「ミミズはえらい」「フンフン堆肥とおしっこ」「感想」という内容で作成しました。
 子どもたちは、人間が出す「生ごみ」がごみとしてではなく、役に立つものになり得ることがあるという事実を実感することができました。

3.おわりに
 ミミズを飼い出してから、子どもたちは給食の残飯を気にしたり、家から野菜のくずなどを持ってきたりする子も見られました。普段、何気なく出している「ごみ」に対して関心を持つ子が増えてきました。まだ、この取り組みを始めて半年あまりなので、今後継続して規模を拡大していきたいと考えています。

FC2 Blog Ranking

霜月スタート&兵小理授業研準備  

 今日から11月。1年の後半へ向けて弾みをつけていきたいところです。
 朝の100kmマラソンで、また1名完走者が出ました。目安としては、今年中に50km走っていれば、何とか完走できるのではないかと考えています。
 午後から、明日開催される兵小理授業研の準備に参加。
 大会用の横断幕、垂れ幕、主催者・来賓用机、全体会案内板などの設置が割り当てられた仕事でした。
 準備終了後、明日の大まかな流れの確認を行いました。
 明日は10:00から出張で、兵小理授業研に参加します。