FC2ブログ

第19回奈良・個を育てる教師の会(共済会館やまと) 



 13:30~17:00 奈良・個を育てる教師の会に参加。
 会場は、共済会館やまと。近鉄奈良駅から自動車で3分ぐらいの場所にあります。この場所になってから、数回自動車で行っているので、今回も2時間ちょっとで到着しました。
 この会は、弟5回(1999年)から参加させていただいています。当時は、奈良の先生方が多かったのですが、現在では関西圏、特に大阪の先生方が多く参加されるようになってきています。この日は19名の参加でした。
 今回も新たな取り組みとして、NHK放映「わくわく授業」を2本視聴し、それぞれの実践について考えていくという内容でした。取り上げたのは、次の2本です。
 ①「磁石には秘密がいっぱい」澤柿教誠先生(富山県滑川市立寺家小学校)
 ②「発見?なっとく!少数のひみつ」加川博道先生(東京都町田市私立和光鶴川小学校)
 2本とも共通して、よく教材研究(工夫)がなされていることに感心しました。
 また、単なる「遊び」と思わせるような活動の中に、お子たちの追究力が育っていくことが読み取れ、自由試行の重要性を再認識させられました。その仕組みを解明していくことが課題になりそうです。
 澤柿先生は授業のポイントとして次の3点を挙げています。
  1.自身が見て触って確かめる。体に焼き付けられた思いや経験が考える土台となる。
  2.必ず、子ども自身が、体に焼き付けられた疑問や発見が出てくるまで辛抱強く待つ。
  3.自然の大きさを感じてほしい。
 もう一度、授業記録をじっくり読み直そうと思っています。

 次回、第20回奈良・個を育てる教師の会 2007年2月24日(土)

FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seosen.blog78.fc2.com/tb.php/111-a17c1a7f