FC2ブログ

第3回有馬の会(加古川温泉・みとろ荘) 



 15:00頃まで学校で残務処理。
 その後、「有馬の会」に参加するため、加古川へ。
 「有馬の会」も今回で3回目を迎えました。
 一番最初に「有馬温泉」で集まったのが、その名前の由来ですが、今回は加古川温泉です。今回は神戸女子大学の近藤久史先生を中心に5名のメンバーが集まりました。
 近藤先生には、前任校で1998年、1999年、2000年、2001年の4年間授業を見ていただき、ご指導をいただきました。それ以来、お付き合いをさせていただいています。
 いろいろな立場やいろいろな地域の先生方と、飲みながら話をするのは楽しいものです。加古川に温泉があるのも知りませんでしたし、夕食に出てきた「かわら焼きそば」なるものは初めて食べました。



 参加されていた先生の著書です。
【目次】◆こんな危険な山に、なぜ ◆心のふるさと―日高町 ◆世界のウエムラになる第一歩 ◆ジャン・ビュアルネ氏との出会い ◆よく働く男だった ◆こんなわびしい生活を ◆頑固なぐらい一途な男 ◆本当に謙虚で優しい人だった ◆訥々とした語り口で飾らない男 ◆植村直己の冒険とは ◆劣等感の裏返しか ◆植村直己さんの冒険の記録 ◆日本エベレスト登山隊事故の記録 一九七〇 ◆日本冬季エベレスト登山隊事故の記録 一九八〇‐一九八一
【本の内容】小学校で教える著者は、子供たちに向けた学級通信の中で植村直己の魅力について綴ってきました。本書はその内容をもとにまとめたものです。

今回は、かっくんにお世話になりました。また、来年もよろしく!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seosen.blog78.fc2.com/tb.php/112-e3adc895