FC2ブログ

地区視察研修(小豆島) 

 6:20 地区集落センター集合。4役で荷物をバスに積み込み、7:00に出発しました。
 以下の行程です。
 地区集落センター⇒みろくふれあい市場⇒高松港⇒土庄港⇒小豆島国際ホテルオリーブ振興特区マルキン醤油記念館⇒紅雲亭⇒寒霞渓池田港⇒高松港⇒地区集落センター



P1000062miroku.jpg  P1000063hotel.jpg
 高松港へ行く前に、みろくふれあい市場で休憩をかねて視察。道路の反対側には、「道の駅」もありました。高松港-土庄港間、フェリーで約1時間後、小豆島に到着しました。小豆島国際ホテルで昼食をいただきました。
P1000070olive.jpg  P1000067.jpg
 その後、小豆島オリーブ公園視察。
 小豆島の気候は、オリーブのふるさと地中海のそれとよく似ているそうです。
 また、ギリシアのエーゲ海に浮かぶミロス島と、1989年に姉妹島としての調印を行っています。
P1000074maru.jpg  P1000075maru.jpg
 次に、マルキン醤油記念館を見学しました。
『マルキン醤油記念館は昭和62年、創立当時に建てられた蔵を利用して創られました。この建物は平成8年に工場奥にある天然もろみ発酵蔵と共に国の有形文化財に登録されました。江戸時代後期、醤油醸造で栄えた当時の小豆島の景観を物語っています。(パンフレットから)』
P1000079kan.jpg  P1000084kan.jpg
 最後は、寒霞渓へ向かいました。ロープウェイ(紅雲亭-寒霞溪山頂)は、約5分間という短い時間ですが、そそり立つ大岩壁の中を行く ロープウェイからの眺めは迫力満点でした。
 その後、帰路につくため池田港へ。帰りのフェリーはたまたま、7月1日就航の新造船に乗ることができました。
 高松港--高松中央IC--津田の松原SA--西淡IC--集落センター(20:00過ぎ到着)。その後、4役で30分ほど荷物等の整理を行い解散となりました。

FC2 Blog Ranking
人気blogランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seosen.blog78.fc2.com/tb.php/1122-e67ef43d