FC2ブログ

日本漢字能力検定  

 漢字検定本番を実施しました。受験者は8級24名でした。
 受験しない子も、同様の問題に取り組ませました。
 一学期から取り組んできた3年生の漢字のまとめとしてどのぐらい力がついてきたのかの確認です。
 受験用紙の表紙には、自分の氏名(漢字・ふりがな)、性別、誕生日を記入するようになっています。丁寧に説明したつもりなのですが、女子なのに男子のところにマークを入れている子や、誕生日で「平成」を選択できていない子などなど・・・表紙の記入からなかなか大変でした。
 制限時間は40分でしたが、ほとんどの子がそれまでに提出という状況でした。
 試験後、子どもたちに聞くと、いつもより簡単だったらしく、合格(120点以上)していると自分で予想する子がほとんどでしたが、結果は果たして・・・? 結果は40日後ぐらいに返送される予定です。
学級日誌より⇒【それと今日の漢字検定はぼくは、ごっついかんたんでした。後一ヶ月ぐらいかかるのですごくいやです。たぶん150点で満点だと思います。満点だったらうれしいです。(A君)

 午後から、延期されてきた「理科実技講習会」に参加。
 上田八幡神社に集合し、上田池ダム周辺の植物観察をしました。
 講師の先生は、初任校でお世話になった元校長先生。
 聞いたことのないような植物の名前を、次から次へと・・・・・。
 「スジダイ(ブナ科)・クマノミズキ(ミズキ科)・アケビ(アケビ科)・ヤマハゼ(ウルシ科)・コバノトネリコ(モクセイ科)・ネズミモチ(モチノキ科)・ゴンズイ(ミツバウツギ科)・ヒメユズリハ(ウダイグサ科)・シラキ(トウダイグサ科)モチツツジ(ツツジ科)・ヒサカキ(ツツジ科)・ウツギ(ユキノシタ科)・ヤマビワ(アワブキ科)・カゴカシ(クスノキ科)・シロダモ(クスノキ科)・ムクノキ(ニレ科)・シキミ(モクレン科)・ハスノハカズラ(ツヅラフジ科)・センダングサ(キク科)・ツワブキ(キク科)・ナルトサワギク(バラ科)・・・。」
 およそ、3時間あまり散策は続きました。

 また、先日の台風の被害がいたるところに現れていました。山からの土砂が流されている所や、道の下部分が崩れ落ちているところなどが何箇所かありました。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seosen.blog78.fc2.com/tb.php/189-92eaacca