FC2ブログ

平成21年度体験型理数系教員指導力向上研修(理科) 

P1008331.jpg  P1008330.jpg
 10:00~16:00 体験型理数系教員指導力向上研修(理科)に参加。 以下のような日程で行われました。
 (1)理論研修「新学習指導要領の改訂の趣旨」 松本勝信先生(大阪教育大学教授)
 (2)演習① 「風やゴムのはたらき」「ものと重さ」
 (3)演習② 「ヒトの体とつくりと運動」
 (4)演習③ 「電気の利用」
 (5)アンケート記入
 新学習指導要領の改訂に伴い、新しく追加された内容について「ワークシート」「演習」を中心に研修が進められました。
 (1)の理論研修の概要は次の通りでした。


■指導要領改訂の要点
 ①内容区分の変更
 ②科学的思考力
  ・PISA、TIMSS
  ・仮説設定力
  ・考察吟味力
 ③活用力・科学の意義
 ④言語力・表現力
■理科学力
 ・関心・意欲・態度
 ・思考・判断
 ・技能・表現
 ・知識・理解
■人間の育ち=氷山
 *氷山の海面上
   見える姿(学力)⇒手足体・作品・声(言葉)⇒技能・知識
   知識・技能⇒正解は一つ、価値一元、○×、数量化、序列化
 *氷山の海面下
   見えにくい姿(学力)⇒心・見方、考え方⇒関心・意欲・態度(心)、見方・考え方(思考)
   心・意欲(情意面)、見方・考え方⇒価値多元、望ましさ、数量化は困難
■育ち方の違い⇒育て方を変える
 *知識、技能の育ち方
       ↓
  持たずに誕生、生後に吸収・獲得、一人でも育つ
       ↓
  持っていない新しいものを得ることが育ち
 
 *心、見方、考え方の育ち方
       ↓
  持って生まれる、持っているものの修正・改善、二人以上の同一体験
       ↓
  既に持っているものを変えることが育ち
■伝統的授業
 やかん(発信者)とコップ(受信者)
  教師(より多く・身につけている)⇒学習者(知らない・できない)
■心や考える力の育て方
 *心や考え方を発揮(使う)⇒有効性・限界を確かめ(試し)
   ・有効なものは持ち続ける 
   ・有効でないものを修正・改善(変える=育ち)
      ⇔授業づくり(発問、話し合い、ノート、板書など)
 *二人以上の同一体験
 *自然の持つ人格形成作用
■科学的な思考力
 *プロセス:未知⇒知
   仮説⇒検証実験⇒考察
 *未知⇒知=問題解決(心理的用語)
■思考研究
 ・白昼夢 ・空想 ・想像 ・創造、生産
      =問題解決⇒未知を知にする思考
■科学的思考力を育てる指導
 *問題解決を主体的に体験
  ①課題設定
  ②仮説設定
  ③実験計画
  ④実験実行
  ⑤データ記録
  ⑥思考・吟味
  ⑦結論と新しい課題
■ワークシートの工夫
 ・未知⇒知とする科学的思考の体験の記録
 ・未知⇒知の全体が一つの視野に
 ・「試し」と「有効性」のチェック可能に(解決と未解決の判断)
 ・修正の必要性の判断と修正案
 ・修正案の有効性のチェック
■好きになる(=満足感)
 1.本能的・生理的満足感
   ・ご褒美
 2.自己実現の満足感
   ・できないことができるようになる伸びる喜び
   ・快の感動体験
   ・知的好奇心の満足度
 3.社会的承認の満足感
   ・認められる、仲間、大切、愛情
 *第2・第3の満足感⇒存在感、有能感、効力感

 終了後、帰校して残務処理に勤しみました。

◇退勤時刻 19:20

教育ブログランキング
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seosen.blog78.fc2.com/tb.php/1898-fc2da22d