FC2ブログ

検定 

 昨日、2月上旬に受験した日本数学検定の結果が発表されましたが、日本漢字能力検定の結果もそろそろ発表される時期になりました。
 こういう検定を受験することはあくまでも自由なのですが、少なくとも受験するお子たちとそうでないお子たちとはやはり学習に対する意識が違ってきます。また、合否を伴う試験を経験するという点においてもよい経験になると思っています。
 日本漢字検定協会の機関誌「志学」が創刊されました。その中で「今年の漢字」という特集が組まれています。
 漢字一文字でその年の世相を表すというもので、阪神淡路大震災が起こった1995年から始められています。これまでの漢字を挙げてみます。やはりその年を象徴するものとなっています。
 ※1995年⇒「震」  ※1996年⇒「食」  ※1997年⇒「倒」  ※1998年⇒「毒」
 ※1999年⇒「末」  ※2000年⇒「金」  ※2001年⇒「戦」  ※2002年⇒「帰」
 ※2003年⇒「虎」  ※2004年⇒「災」  ※2005年⇒「愛」  ※2006年⇒「命」
 ※2007年⇒「偽」  ※2008年⇒「変」  ※2009年⇒「新」
 また、来年度より準会場の参加人数規定が「20名」から「10名」に引き下げられることになりました。これで今まで以上に学校単独で参加しやすくなります。

◇出勤時刻 8:05 退勤時刻 20:40

教育ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seosen.blog78.fc2.com/tb.php/2106-bdd90543