FC2ブログ

ある同窓会 

 ある同窓会に参加するために、いつもより早めに学校を後にしました。
 今年二十歳になるお子たちの同窓会へお誘いをしていただきました。
 前任校で、2・4・6年と3回担任させていただいた学年です。2クラスあって、毎年クラス替えをしていた時代ですが、幸か不幸か3年間担任したお子たちも5名いました。
 小学校時代の話に花が咲き、あっという間に3時間が過ぎました。どのお子たち(?)もしっかり大人になっていて頼もしく感じました。二次会は遠慮させていただきました。またの機会があればじっくりお話をさせていただきたいと思っています。
 このお子たちの時代は、自分自身の授業実践において大切な意味を持つ時期でもありました。毎年3学期にある程度の時間をかけて一つの単元をお子たちと作り上げていくことに挑戦していた頃で、それについて外部から講師の先生をお呼びし指導していただくということを学年の最後のまとめとして取り組んでいました。
 もちろん、自主的に行っていたものなのですが、その間いくつかの研究会等でそれらの実践を発表する機会に恵まれた時代でもありました。
 見方を変えると、自分自身お子たちに育ててもらったという感もあります。
 この学年のお子たちと取り組んだ主な実践です。どの学習にも多くの調べ学習や活動の思い出がつまっています。

※2年生活科「市小なかよし郵便局をひらこう」 講師:近藤久史先生(神戸女子大学
※4年総合「ジャパンフローラ2000の秘密」 講師:近藤久史先生(神戸女子大学)
※6年家庭科「私たちの食生活を見直そう」 講師:松本康先生(香川大学
※6年社会科「世界の中の日本 -米同時多発テロ事件との関わりから-」
                            講師:田上哲先生(九州大学 前香川大学)

◇出勤時刻 8:05 退勤時刻 17:00

教育ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seosen.blog78.fc2.com/tb.php/2107-dea28370