FC2ブログ

国際学習到達度調査  



 朝日新聞の記事に、経済協力開発機構(OECD)による国際学習到達度調査の結果が出ていました。その内容は、「知識や技能の実生活への応用力をみるテスト」ということだそうです。「問題解決能力」や「文章や図表を理解して利用し、熟考する能力」などの低下が目立っているそうで、つまるところは「考える力」なのだろうと思っています。
 石川英志先生(岐阜大学)の『「(正解にたどりつくには)どうやればいいのか」「先生は何を求めているのだろうか」という意識が支配する授業や学びから、「なぜそうなければならないのか」という問いかけがあり、「べつの可能性を自分なりにためしてみよう」という探究を大切にする学びへ』というフレーズを思い出しました。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seosen.blog78.fc2.com/tb.php/212-59e6a030