FC2ブログ

~陰山英男先生の特別授業~  

 昨日、録画してあった「わくわく授業」を見ました。
 陰山先生と言えば、「百ます計算」「音読」「そろばん」などの基礎的な学習の反復で有名ですが、それだけがクローズアップされがちです。
 しかし、それだけでは学力がつくのではなく、あくまでも学習する力をつけるためのきっかけに過ぎないと言います。ここのところを踏まえていないと、逆効果になるだろうなあと感じました。
 また、「生活のリズム」がそれ以上に大切であると話されています。 学習の基礎・基本を支えるためには生活の土台が必要だと言います。
 別の番組で、睡眠時間が7時間~8時間の子どもが理解力・集中力が最も高く、それをピークに前後落ちていくというデータを見たことがあります。
 朝食をきちんととり、睡眠時間を十分確保し、学習に対する構えを作ることが大切であるのだとあらためて感じました。
 そういえば、上田薫先生の著書の中に、「教師が自分のコンディションを整えること」の重要性について書かれた項目があったのを思い出しましたが、実にこれは子どもについても同様のことであると思いました。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seosen.blog78.fc2.com/tb.php/262-6ac03fab