FC2ブログ

淡路視聴覚教育研究会研修会 

 午後から上記の研修会に参加しました。
 公開学習では、5年社会科「水産業のさかんな地域」を参観しました。
 IPADを中心として、プロジェクター・実物投影機などのITC活用の授業を提案していただきました。自分のクラスでは取り入れていないことも多く非常に参考になりました。
 その後、講義として兵庫教育大学の森山潤先生に「ITC活用の授業デザイン」というテーマでお話をしていただきました。 
 講義の中では、 ITC活用「ふりかけ説」が印象に残りました。
 ●ITCは授業の「ふりかけ」。
 ●子どもに食べさせたいのは「ご飯」。
 ●しかし、中には「ご飯」のままでは食べにくい子どもも。
 ●そんな時、ITCという「ふりかけ」をかけることで、「ご飯」が食べやすくなることもある。
 ●当然のことだが、肝心のご飯がちゃんと炊けていなければ、「ふりかけ」をかけてもおいしくない。
 ●重要なことは、子どもの実態に即して教師がITCという「選択肢」を持っているということ。
 近い将来、「タブレット端末」「WiFi」「デジタル教科書」を活用した学習場面も見られるようになると思います。
P1000624.jpg
 帰ると、自宅の庭樹の剪定が終了していました。
 今から切った木々などの整理を行います。

◇出勤時刻 7:50 

教育ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seosen.blog78.fc2.com/tb.php/3862-0128ab6e