FC2ブログ

教育セミナー兵庫’99(明石市民会館) 

 「神戸大学附属明石幼・小・中の実践から」「基調対論:総合的な学習と新たな学校づくり-附属明石の授業を参考に-」「基調提案:総合的な学習のカリキュラム開発と授業づくり」「実践交流:大阪市立西淡路小学校・広島県廿日市市立宮園小学校・香川県寒川町立天王中学校・宍粟郡山崎町立山崎西中学校」と盛りだくさんな内容でした。この中で、浅田匡先生(神戸大学)は「教科と総合は別ではない。総合の固有な目的としては、総合的なものの見方や考え方を子ども自身が形成することである。また、自己教育力の育成が、これまでの教科学習の中でなぜできなかったのかという総括が必要ではないか。そういった意味において、今こそ「教科の見直し」や「教科の意義」を問いただす必要がある」と話されていました。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seosen.blog78.fc2.com/tb.php/40-9a8e1a9c