FC2ブログ

職員旅行【ソウルⅡ】  



 8:00起床。9:00に観光タクシーに乗り込み出発。
 とりあえず、お粥屋さん「ソゴンチュクチプ」で朝食をとりました。 人気があるらしく、店内は日本人客が大勢いました。
 キムチなどの惣菜類は食べ放題だそうです。
FI2620627_2E[1].jpg

 朝食後、烏頭山「統一展望台」へ向かいました。
 入り口にある、晩植の銅像を横切り、館内へ入りました。
 『烏頭山統一展望台は海抜118mにある高地で、三国時代の高句麗や百済が主導権を握るため熾烈な戦いを繰り広げた烏頭山城があったという歴史的な軍事要衝地であり、現在は西部前線の最北端として南北の臨津江を境に相対する南北分断の現場でもあります。』(パンフレットより)
 展望室からは、対岸に北朝鮮を臨むことができます。今、自分が朝鮮半島に来ていることを実感させられた瞬間でした。
 4階の映像室では、最近の北朝鮮地域を撮影した映像で分断の現場と北朝鮮の人々の生活を説明しています。1階では「北朝鮮展示室」(北朝鮮の昔と今:変化した様子を説明)、「統一念願室」、「北朝鮮の生活体験コーナー」(小学校の教室再現、住民の居間を再現)などがありました。
FI2620627_3E[1].jpg

 昼食は、プルコギ(韓国風すき焼き)をいただきました。これも結構美味しかったです。
 その後、ソウルに向かい、「戦争記念館」へ行きました。入り口近くには、朝鮮戦争等で亡くなった連合国軍兵士の氏名・所属部隊が刻印された大理石が、出身国別に分けられて展示されていました。「戦争」とは何かを考えざるを得ない気持ちになりました。
 広大な敷地内にある展示場では、約14,000にものぼる資料が展示されています。また、屋外展示場には、実際に戦争などで使われた戦車や飛行機、潜水艦などが展示されていました。とにかく全てを回るだけで、かなりの時間がかかります。しかし、時間をかけてじっくり見る価値はあります。
FI2620627_4E[1].jpg

 このあたりでホテルへ帰り、旅行会社の夜プランを予定したのですが、急遽キャンセルすることに。
 せっかくということで、「ソウルタワー」まで足をのばしました。世界で3番目に高いタワーで、海抜370mの展望台があります。展望範囲が半径 50km以上で、ソウル市内が一望できるところに魅力があります。

 夕食は、運転手さんの案内で、水原(現在のスタイルのカルビ料理の発祥の地)にあるおすすめの焼肉屋さんに連れて行ってもらいました。 ここは、韓国のSBSというTV番組で安くて、たくさん食べられるお店として、№1に輝いたお店だそうです。
 到着すると、すでに長い行列ができていましたが、予約を入れてくれていたのですんなりと入ることができました。おなかいっぱいになって、20:00過ぎにホテルへ帰ってきました。
 21:00からヒルトンホテル内のカジノに初挑戦。26:00前まで遊んで28:00頃就寝。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seosen.blog78.fc2.com/tb.php/855-64178aa6